読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BotFramework挑戦

beachside.hatenablog.com

 

BotFrameworkを本格的にやろうと。

以前試したときのプログラムはなんかうまく動かない。

サンプル以上に機能追加しようとしても検討つかない

 

年末年始でネットをさまよった所リンク先のページにようやく辿り着いて、急に世界が広がった。

 

これでモリモリ開発できそう

Windows 10 IoT Core RaspberryPi3

GitHubのサンプル動作確認

 

Blinkyはあっさり動作

 

I2Cはハード側を揃えたらチャレンジしたい

 

App2App WebServer は動かない。HTTPサーバーが動いてないんじゃないかと

 

下記の本のサンプルプログラムならブラウザからLEDのON/OFFができた。

 

とりあえず動作確認できて満足

 

IoTデバイスプログラミング入門―Windows10 IoT CoreとRaspberry Piで作るIoTデバイス

IoTデバイスプログラミング入門―Windows10 IoT CoreとRaspberry Piで作るIoTデバイス

 

 

 

 

 

Windows 10 IoT Core RaspberryPi3

RaspberryPi3の環境整備が整ってきた

https://github.com/ms-iot/samples/tree/master

この辺のサンプルを試して行きたい

 

ATOMIC BZ 始めました

MINI-Z

ATOMICのベルトドライブ車始めました。路面が食わない状況でもがっつり走るのでブラシレス時代にあってそう。

 

f:id:panda728:20160621215414j:plain

f:id:panda728:20160621215443j:plain

 

参考動画

www.youtube.com

 

組み立て

組み立ての最初は戸惑うけど、一度出来上がってしまえばシンプルでよいのがわかります。

f:id:panda728:20160621215450j:plain

 

f:id:panda728:20160621215447j:plain

 

サーボや受信機とアンプはATOMICのものを使用。MINI-Z基板流用もできるらしいけど試行錯誤に時間かかりそうなので諦めた

f:id:panda728:20160621215845j:plain

ナックルは2種類あるけど、いまいち意味不明w

f:id:panda728:20160621215453j:plain

f:id:panda728:20160621215506j:plain

f:id:panda728:20160621215508j:plain

f:id:panda728:20160621215510j:plain

f:id:panda728:20160621215518j:plain

バッテリコネクタPHなので、手持ちのケーブルじゃ充電できなかった。バランスケーブル必要

f:id:panda728:20160621215520j:plain

 

トラブルメモ

買った時期が同じでもバネの種類が違うなど、手探り感満載w

ナックル(ステアリングブロック)に入れるベアリングは薄めの方。1個厚みの違うのがセットに入っているので注意(使う場所が違う)

アームにWA WBとかいうのは後ろ

ホイールは前後ナローで十分らしい

モーターは後で5000kV購入。それでもパワー余ってる

受信機包むチューブは10mmじゃたりない16mmであまり気味

モーター缶止めるネジが長いと、モーター発熱して回転異常、4mm皿正解 5mmだと異常

フロント、トーアウト、リア、トーイン、でやるものらしい

リアのトー調整のパーツはどれをつけてもトーイン気味w

ベルトのテンション調整方法気が付かなかった

バッテリーケーブルがステアリング部に接触して動きおかしかった。とりまわし重要

サーボ周りの部品はすぐにネジが緩むらしいので要注意

ベアリングが全体的に動きが渋い。日本製のDDL-1060ZZやDDL-630ZZを仕入れたほうが安心

デフも最初にちゃんとバラそう。

ナックルの上下につけるボールの1個のネジ山が変、うまくねじ込めない。きっとこれはハズレ

ナックルもベアリング1個ずつだとまわるのに、2個つけてアームと押すと渋くなるものがあった。さっさとアタリの部品に変えたほうがいい

 

PC環境整備

自宅PCに向かうことがすくなくなって久しいけど、そろそろまともに作業できる環境が欲しくなってきた。そこでPC環境を一新したので、記録

 

f:id:panda728:20160312220312j:plain

f:id:panda728:20160312220355j:plain

 

www.ikea.com

これに適当な天板をチョイス。架台は高さが変更できるのと、前後の高さを変えたら傾きもつけられるという点がnice

でも結局一番低い位置で水平でしか使ってないw

架台の下にPCやプリンタ、雑誌類を設置できて、床が掃除しやすいのでよしとする

 

40インチでかいかなとおもったけど、置いてみたらやっぱりでかかった。

Windows10で使ってるけど、右と左にウィンドウおいて使ってる。

モニタ2台分使ってる感覚

ただし高さがあるのでやや見上げる感じになる。机の奥行きは700mmだけど800mmあったほうがよかったかもしれない。

 

とりあえず机に向かう時間ができるようになったのでめでたしめでたし

 

 

Lightroomはじめました

 

ここまで出来る!!魔法の現像ソフト Lightroomのスゴイ使い方10選! | studio9

 

LightRoomが面白そうなのでやってみた。

カメラはiPhone6で、Ingressついでに撮影した一枚を加工してみた。

といってもチェックボックスにチェックいれただけで細部はよくわからん。

とはいえひょこいがんでいらんものが写ってたの写真がすっきりになった。

編集後

f:id:panda728:20150214102255j:plain

 変更前(人が写ってた部分はモザイク加工してます)

f:id:panda728:20150215181656j:plain