読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキシマム多重のススメ

めったにイングレス記事は書かないけど、これは書かずにはいられなかった

海外動画ですばらしい多重方法に感激したので日本語訳作ってみました

 

 

 CFに沈むポータルをすべて使い切る多重のCoolな作成法

これをマスターすれば、ややこしい手順に悩むことなく、ポータルを無駄にしない最大枚数の多重CF(マキシマム多重)をつくることができます。

素晴らしい手順を公開してもらったのに敬意を表してこちらでも公開。 

Michael Hartleyさんの動画

Fanfields: A Simple Way To Maximise Fields In Ingress

https://www.youtube.com/watch?v=GQoFOYP9XO4

 メリット

現場でIntelMap使ってプラン作れるレベルのシンプルな手法

基点鍵が大量にあると、移動距離も少なくできます。

なんといっても構築順がシンプルなルールなので間違いにくい点が最高にCool

youtu.be

 

 

おおまかな手順

 詳細は動画みてもらうとして、こちらでは抜粋を

 

まずは極意。

覚えるべきルールはこれでOKです。

f:id:panda728:20170319211606p:plain

イメージ図

f:id:panda728:20170319211202p:plain

 

f:id:panda728:20170319211503p:plain

 

f:id:panda728:20170319211521p:plain

 

f:id:panda728:20170319211542p:plain

 

 

f:id:panda728:20170319211637p:plain

 

f:id:panda728:20170319211650p:plain

 

f:id:panda728:20170319211710p:plain

 

f:id:panda728:20170319211740p:plain

 

同じ要領で番号順に最後までいけばOKです

 

 

f:id:panda728:20170320113026p:plain

 

 

基点の使い方 

例では基点Aにいきなり全部つないでます。

しかし基点Aの鍵が大量にあれば、1~12まで順番に移動しながら基点Aと繋いでいけばOKです。(というかむしろおすすめ

こちらのほうが、一筆書きの移動でマキシマム多重が作成可能なので移動距離は少なくすみます。

余分な鍵をしまっておくと間違わない

使用しないポータルの鍵を直しておけば、だいたい遠い順番につかっていく感じになるので、間違いにくくなるのもメリットです。手順覚えるの難しいのでw

現地プラン検討も可能に

これまで、家でプラン立てて多重してましたが、これなら現場でてからスマホで順番だけ確認したらサクッとマキシマム多重が作れるようになりました(^^)

 

Michael Hartleyさんに感謝

 

難点をあげると

1~12の鍵の使用本数は一定ではないので注意。

例えば3の鍵は負担が大きいです。

ある程度の大きさになるとアウトリンク制限も気になります。

適当なところでマキシマム多重つくってから、それを覆うようにさらに広げていくなどして制限を回避するのもよいかと